仕事と家事を両立する共働きで家計はどう楽になる?

働く女性のための両立支援委員会

仕事と家事で毎日忙しい女性のための応援サイト

Category

どうすれば家計は楽になる?

どうすれば家計は楽になる?

共働きは当たり前?

このサイトの管理人である私は医療系のキャリアコンサルタントをしていますが、働く女性の悩みで多いのは出産や子育て、仕事と家事の両立です。ひと昔前なら夫が働いて家族を養うのが当たり前でしたが、景気が不安定な現在は共働きする夫婦が圧倒的に増えています。その為、女性の出産や子育てにも大きな影響が出ています。
国は少子化問題に歯止めをかける為に、産休制度の充実や子育て支援を企業に呼び掛けていますが、制度を充実させる企業はいまだ一握りしかないのが現状です。ですから、多くの女性は出産を機に退職を余儀なくされています。しかし、夫だけの収入では生活が苦しくなる為、妻はギリギリまで働いて少しでも貯金をしておきたいと考えるのです。では、共働きだとどの位余裕があるのか具体的に考えてみましょう。

共働きは必要?

例として新婚夫婦が共働きしたパターンで考えてみましょう。家賃は都心の賃貸マンションで15万円とします。少し高めの設定ですが、将来持ち家を持つ事も考えると妥当な固定費かと思います。生活費を大雑把に計算すると、家賃が15万で月の光熱費が2万、通信費が3万円と食費が5万円、その他雑費を5万円で計算すると、単純合計で30万円の生活費が必要となります。月30万円の給与をもらうとなれば総支給額は40万円弱なければいけません。
もちろん中には手取りで30万円以上の人もいるでしょうが、現在の日本社会では手取り30万円は高い方だと言えます。一般企業なら30代後半でようやく40万円が見えてくるかどうかです。単純計算でも夫の給与だけで生活をしていくのは難しいのが分かると思います。

共働きで生まれる余裕とは

共働きの場合で考えてみましょう。例えば夫が手取り24万円、妻が手取り18万円の夫婦がいるとしましょう。この場合だと、夫婦合わせて月42万円の収入となります。先ほどの例では月30万円の生活費を必要としましたので、42万円から生活費の30万円を引くと12万円が残るお金となります。毎月10万円を貯金したとすると1年間で120万円、5年では600万円貯まる計算となります。更に10年で考えると1,000万円越えの貯金をする事も可能になります。これなら妻が仕事をやめても安心して出産や子育てができると思います。子育てがひと段落すればまた仕事ができますし、子供の教育費や万が一の備えができると精神的にも安心できます。

当サイトへのご連絡

当サイトへの質問等については下記メールアドレスにご連絡お願いします。
hataraku_ryoritu2016■yahoo.co.jp 
※迷惑メール対策のため、■を@に替えてください。