仕事と家庭を両立させる共働き世帯が増えた原因

働く女性のための両立支援委員会

仕事と家事で毎日忙しい女性のための応援サイト

Category

共働き世帯が増えた原因とは

共働き世帯が増えた原因とは

終身雇用の終わり

1980年頃まで結婚したら専業主婦になる事は当たり前でしたが、今は共働きが当たり前になりつつあります。しかし、なぜ共働き夫婦が増えているのでしょうか。それは男性の年収に問題があるようです。ひと昔前は大学卒業後に就職した企業で終身雇用となるのが通常だったり、収入も勤務年数に応じて増えていました。退職金も大卒から定年まで勤続した分がしっかり支給されていました。
しかし現在、終身雇用はほとんどと言っていいほどに減ってしまい、有名大学を出ても就職が難しい時代となっています。また、就職できても昇給が据え置かれたり、業績不振の企業ならボーナスも期待できなかったりと男性の年収は減少傾向にあります。その為、夫ひとりの収入で家族を養う事が難しくなっているのが現状です。少しでも余裕のある生活を送る為に、共働きを選択する夫婦が多いのです。

女性の社会進出

最近では女性の社会進出がめざましくなっており、少し前にはパート勤務していた主婦が取締役に就任するといったニュースが話題を呼びました。また、国会でも女性大臣の起用を行うなど、国をあげて女性の社会進出を後押ししています。その為、家庭を持つ主婦も働きやすい世の中となってきました。また、働き方も多様化しており、自分の好きな時間帯を選んで働く事ができるようになりました。経験を積む事で時給がアップされたり、リーダーへの起用があったりと、パートと言ってもやりがいを感じられる職場が増えています。最初は家計の足しにと始めたパートでも次第にやりがいを感じ、家庭とうまく両立させながら働く主婦が増えている事も共働きを多くする理由のひとつになるようです。

これからも増え続ける共働き

共働きをする主婦は専業主婦になりたいと言いますが、経済面に余裕ができるといった余程の理由がない限りは共働きをやめることはできないでしょう。また、仕事にやりがいや責任を持つ主婦は家庭との両立が大変であっても働き続ける事が多いと思います。先の日本経済は先行き不透明ですから、これからは結婚したら共に働く事が当たり前の時代になるでしょう。また、働き方の多様化は主婦だけではなく、共働きなら男性であっても縛られる正社員よりもアルバイトをチョイスする人もいます。余裕がある分、妻と協力して子育てや家事を分担する夫も増えてきています。生活苦だから共働きをするという考え方から、協力して共にお金を稼ぎ、家庭を守る考え方にスイッチしているのではないでしょうか。