仕事と家事を上手に両立するには掃除洗濯を時短しよう

働く女性のための両立支援委員会

仕事と家事で毎日忙しい女性のための応援サイト

Category

掃除洗濯を時短しよう

掃除洗濯を時短しよう

洗濯を時短しよう

洗濯する際に面倒になるのが洗い物の仕分けです。ネットに入れて洗うものや下着類をまとめるなど、家族が多くなると仕分け作業だけでも時間を使います。ですから、着替えの時やお風呂に入る時に出る洗濯物は、家族にお願いしてあらかじめまとめてもらいましょう。ネットで洗う洗濯物はネットに入れてもらい、下着類は専用のかごを用意して入れてもらうと良いでしょう。
今の洗濯機は全自動ですので洗濯自体に手間はかかりませんが、洗濯物を干すのに時間がかかります。最近では、干すと取り込みが1度でできる5連、10連ハンガーが洗濯お役立ちグッズとして販売されています。また、ハンガーで干せるとそのままクローゼットにしまえますので、洗濯物をたたむ作業が少なくなります。干す時にシワを伸ばしておけば、アイロンがけも少なく済みます。
子供たちに洗濯仕分けをお願いする時は、感謝の言葉をかけてあげると喜んで手伝ってくれますので、忙しくても「ありがとう」の言葉は忘れずにいましょう。

掃除を簡単にするには

休日にまとめて掃除機をかけると結構重労働になります。ですから、掃除機はしまい込まずにすぐ使えるよう、目につく場所に置いておくと細かに掃除できます。最近はハンディタイプの掃除機も性能が良くなっていますので、各部屋に設置しておくと便利です。また、掃除用の粘着テープやハンディモップを常に手の届く場所に置いておけば、ちょっとしたホコリやゴミはすぐに片づける事ができますので掃除機をかける手間が省けます。
掃除は日頃からこまめにしていると休日に掃除に明け暮れる事がなくなります。毎日少しで良いので掃除する癖をつけておくと掃除の時短に繋がりますので、上手に掃除グッズを使いこなしましょう。

進化する便利家電を使いこなそう

最近の家電は家事の救世主になるものが増えてきました。性能もとても良くなっていますので是非利用したいものばかりです。ここではおすすめの便利家電を紹介します。


☆掃除機いらずの掃除ロボ
仕事に行っている間に掃除が済んでいると嬉しいですが、ホームキーパーを頼む余裕はありません。掃除の時短を考えるなら掃除ロボの購入を考えましょう。中でも高性能なのが東芝の「ロボットクリーナー VC-RCX1」です。

仕事とプライベート両立したい方におすすめ 「ロボットクリーナー VC-RCX1」は、高性能センサーやホコリを逃さないブラシが搭載されていますので、部屋の隅々までくまなくキレイにしてくれます。

これなら週末に汗をかきながら各部屋の掃除機をかける手間が省けますし、仕事から帰って部屋がキレイだと気持ちが良いですね。まさに掃除の神家電です。


☆洗濯機は大型にして洗濯回数を減らそう
家族全員分の洗濯は、容量が小さいと何度も回さなければならないので時間がかかります。できれば容量の大きい洗濯機を使い、少ない回数で洗濯を終わらせたいものです。また、子供の洗濯物は汚れが多くなりますので、つけ置き洗いや染み抜き洗剤をあらかじめ塗布するなど手間がかかります。そんな時間を短縮するなら日立の「11.0kg洗濯乾燥機 ビートウォッシュシャンパ BW-D11XWV」がおすすめです。

仕事とプライベート両立したい方におすすめ 「ビートウォッシュシャンパ BW-D11XWV」は、汚れ落としにスムーズな機能が搭載されていますし、大型洗濯機ですから洗濯回数も少なくなります。


☆面倒な食器洗いも時短しましょう
主婦が台所に立つ時間は料理だけではありません。食後の片づけも疲れた体には面倒になります。特に朝は子供の通学や自分と夫の通勤の支度で忙しくなり、朝ご飯の後片付けは帰宅してからする主婦も多いはずです。晩ご飯の前に後片付け、晩ご飯が終わっても後片付けでは疲れてしまいます。そんな時は食器洗い洗浄機が後片付けの救世主になります。食器洗い乾燥機はきちんと汚れがとれるか心配になる人もいますが、パナソニックの「食器洗い乾燥機 NP-TR8」がおすすめです。

仕事とプライベート両立したい方におすすめ 「食器洗い乾燥機 NP-TR8」は、バイオの力で目に見ない汚れまで落としてくれる「バイオパワー除菌」システムが搭載されています。

洗いと乾燥が終わればそのまま食器棚にしまえますので家事の負担が一気に減ります。
共働きの主婦が自分の時間を作るには、家事の手抜きが必要です。かといって手抜きして家事がこなせないのはいけません。便利家電を使って上手に手抜きできるようにしましょう。