上手に仕事と家事を両立させるなら食事支度を工夫しよう

働く女性のための両立支援委員会

仕事と家事で毎日忙しい女性のための応援サイト

Category

食事を効率よく作ろう

食事を効率よく作ろう

メニューはあらかじめ決めておく

毎日食事のメニューを考えるのは面倒なものです。栄養バランスを考えて作らなければいけませんし、家族の好き嫌いも考えなければいけません。メニューを決めずに行き当たりばったりの買い物に出かけてしまうと迷ってしまい、結局定番メニューになってしまう事も多いのではないでしょうか。家族から「またこれ?」なんて言われてしまう事もしばしば。ですから、毎日の食事メニューはあらかじめ決めておくと便利です。
1週間分のメニューをあらかじめ決めておけば買い物に使う時間も短縮できますし、毎日の食事に頭を悩ませる必要もなくなります。また、食材も使い回しができて経済的ですし、栄養バランスを考えたメニューを考えておけば偏った食生活の改善にも役立ちます。ただ、中には1週間分を決めても仕事の忙しさからなかなかその通りに作れない主婦もいるでしょう。その場合は3日分くらいの短い日数で決めても良いと思います。働いている主婦は少しでも毎日の家事を簡単にする工夫をしましょう。

買い物は週末にまとめ買い

買い物は女性にとって楽しみのひとつでもありますが、毎日の食事の買い物となると面倒を感じてしまいます。週に3~4回と言っても一度の買い物には30分はかかりますので、仕事帰りの買い物なら時間との闘いになってしまいます。ですので、買い物は週末の休みを利用してまとめ買いがおすすめです。
肉や魚は冷凍保存ができますし、保存がきかない食材はその都度買い足せば買い物に時間をかける事がなくなります。まとめ買いする事で無駄な買い物も減りますので経済的です。また、最近は野菜の冷凍食品も多く売られていますので活用しましょう。野菜の冷凍食品は旬の時期にとれたての野菜を使用していますので栄養価も高く、冷凍技術の進歩によってとても美味しく食べる事ができます。毎日忙しい共働き主婦は時間に追われる事が多いのですので、時間節約の為にもまとめ買いがおすすめになります。

包丁を使わない料理を増やそう

1週間のメニューを決め週末に食材のまとめ買いができましたら、毎日の料理時間を短縮する為に更にもうひと工夫しましょう。買ってきた食材はそのまま冷凍しないで、下ごしらえをしてから保存すると毎日の料理が更に簡単になります。例えば肉や魚はあらかじめメニュー別に切りそろえて保存したり、下味をつけてから保存したりすると調理時間が短縮できます。野菜も調理1回分をあらかじめ洗って切りそろえ、保存専用袋や容器に入れておけば包丁やまな板を使う手間が省けます。
また、休日に時間があるなら、冷蔵で保存がきいて副食になるきんぴらゴボウや煮豆などを作り置きしておくと便利です。その他、冷凍できる料理を作っておけば、解凍して焼くだけ、温めるだけで食卓に出す事もできます。
最近は毎日の料理メニューを考えるのにとても便利なスマホアプリが出ています。お醤油でおなじみの「キッコーマン」が提供するアプリは、料理を数多く紹介していて食べたい料理をメニュー表にしてくれます。

仕事とプライベート両立したい方におすすめ キッコーマンのアプリで紹介している料理は全てカロリーや塩分が記載されていますので、バランスがとれる食事を作る事ができます。

また、1週間分のメニューが作成できる「ミーニュー」もおすすめです。1週間分のメニューが決まったら買い物リストを表示してくれますので買い忘れも防げます。

仕事とプライベート両立したい方におすすめ ミーニューは過去に食べた料理が記憶されますので、家族の好みや傾向が一目で分かります。

毎日の家事だからこそ手間を省き、効率良く家事をこなしていきましょう。